ノンキャリア事務員のふーたんぬるい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 通院と治療法

<<   作成日時 : 2009/01/20 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


16日金曜日のこと
今年最初の通院日でした。
採血をして待つ事30分
今回もALL OK!
気を抜かず風邪を引かないようという注意をもらい
診察10分位で終了

潰瘍性大腸炎は原因が解明されておらず
これ!といった治療法が確立されてない病でありまして
人それぞれ治療法が微妙に違います。よね?
病気の関係者以外には??の世界ですが、患者同士では
なにかの参考になるかもしれないので
ここで今私の飲んでいるお薬をのせておきます。

ペンタサ錠250    2錠/回 4回/DAY
ビオフェルミン4g    1包/回 4回/DAY
プレドニン錠5mg    1錠/回 2回/DAY(減量中)
アルタットカプセル37.5 1コ/回 2回/DAY
イムラン錠       1錠/回 1回/DAY
*イソジンガーグルとデパスとモーラステープと
 酸化マグネシウムも適宜もらっています。
 イソジンは51適用ですが、それ以外は51適用外です。よね?

病歴が長いせいか、体質なのか、私にはステロイド(副腎皮質ホルモン)
であるプレドニンがあまり効きがよくありません。
それでプレドニンの注射や注腸の治療法から
去年の今頃入院中、完全絶食+L-CAP療法に移行しました。
外来では依然プレドニンの経口服用の治療でしたが、
11月の再入院中に主治医と話して、外来での新たな治療法として、
イムランという免疫抑制剤を追加しました。
その頃からイムランを飲んでいます。
吐き気等の副作用で体質的に合わない方もいらっしゃるようですが、
私はこれといって変化もなく普通に服用できています。
このお薬が私にとって効能を発揮してくれる事を願います。
ステロイドは副作用が色々あって困りますので。
早くステロイド切りたい!

ついでにL-CAP療法は効きます。ステロイド服用より全然良いと思います。
血管が細い方(つまり私)はちょっと辛いかもしれませんが、
お薦めできる治療法だと思います。よね?
腕に針が通せないので、私の場合子供用の針を使って
足の付根の静脈を使って治療しました。
L-CAP療法についてやステロイドの副作用について等
詳しく書いていきたいのですが、文章書く事が得意でないので少しずつ
思い出したときにでもUPします。

プレドニンとイムラン服用していて感染症(風邪等)に注意は必要なので
外出時にはマスク必須です。手洗いうがいも必須です。
去年入院中、病室の入り口に手の殺菌ジェルと一緒に置いてあった
サージカルマスク(面会者等は着用義務)を愛用中
(そうです病院より拝借してきましたヘヘ)



画像

どっからみても変質者

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ご意見ご感想等何かありましたらaota209@excite.co.jpまで

通院と治療法 ノンキャリア事務員のふーたんぬるい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる